ためになる!東京の護身術教室まるわかりガイド

TOP > 東京の護身術の教室情報 > 護身術の教室は全国にありますが東京にもあります

護身術の教室は全国にありますが東京にもあります

最近は突然見も知らぬ人に刺されたりする事件がたくさんあります。
これらの記事を読んでいると、護身術の重要性を感じるとともに危険なところへは近寄らないようにしないといけないと感じるようになります。
何より大事なことは危険なところへは近寄らないことが大事ですが、万が一にも近づいてしまった場合は、何かがあればすぐに逃げる準備をしておくことです。
しかし心理的に逃げる準備をしていても手を掴まれたりして逃げることが出来ないことがありえますが、その場合に役立つものは護身術ということになります。
まずは逃げるのが一番の護身術なわけですが、逃げられない場合には逃げれるような状態にすることが必要になります。
この逃げれる状態を作ることが護身術の大事な部分と考えているわけで、相手を打ち倒すことではないと考えています。


暴漢と体が近づくほど刺される危険性は常にあるわけであり、暴漢を打ちのめすことを考えるよりいかに早く暴漢から離れるかということが大事なわけです。
距離を開ければ刺される可能性はないことになるわけで、この辺りをしっかり心得た護身術を普段から習っておくことは役立つことだと思われます。
東京には護身術の教室はたくさんありますから、真に役立つ護身を教えているところもかなりあります。
確かに格闘技をやればいいと言うことになりますが、格闘技が強くなる為には何年もかかりますし、かなり真剣に練習をしないといけません。
ところが普通一般の人は毎日仕事に追われているわけで格闘技に時間を費やすことはできないわけです。
そうなれば短時間の練習で身につけることのできる護身術を学ぶと言うのが現実的ではないかと思われます。


それと格闘技をやった場合は逃げると言うより相手を打ちのめすことが目的になりがちですが、これはナイフで刺される危険のあることであり危険性が高いです。
したがって完全な格闘技をやる必要はなく護身の技だけを抜粋して覚える方が現実的であると考えています。
急に手を取られたり抱きつかれたりした場合に、それを解き暴漢から距離を開けてすぐに防犯ベルを鳴らしたり逃げることが出来る体制を作れるようにすることが大事なわけです。
それができるようになる為に護身術の教室に通うわけで、目的が同じ人が習いに来ているはずなのでその人達と仲良くなれるのもいい点です。
これを習うと言うことは、かなり運動をすることになりますが、運動をすると健康にもいいですし、これを習うことはいろんな面でいい点が多いと思われます。

次の記事へ

TOPへ