ためになる!東京の護身術教室まるわかりガイド

TOP > 東京の護身術の教室情報 > 膝の攻撃が有効な護身術になります

膝の攻撃が有効な護身術になります

人口の多い東京で護身術を習うにも教室がたくさんありますが、その理由としてはトラブルに巻き込まれる可能性が高いからだといえます。
トラブルというのは、男性よりも女性が多く被害に合う可能性がありますので気をつけないといけないです。
女性では通勤電車などの途中に痴漢にあったり、面識のない人からストーカーに合ったりすることもありますし、何が起こるかわからないのが現状です。
もちろん、力が弱いということでは高齢者も入ってきますので、護身術を習っておくことによって回避することができます。
習っていくことには人間の弱点や鍛えることができない箇所を教えれてもらうことができます。
相手が男性であれば基本的に鍛えることができないのは、大事な部部となっている股間になります。
股間には睾丸がありますのでそこを狙って攻撃をすると、まず男性は立ち上がることができなくなります。


格闘技などでも金的という言葉があるように、違反行為の攻撃になるためにそれだけ鍛えている人でもダメージになるということです。
女性にはないものですから攻撃されるとどれくらい痛みがあるのかというのは想像できないですが、例えるならば身体の内部を切り裂かれるような感覚になります。
またその他にも弱点というのがあり、それは膝などの関節になります。
膝の関節を鍛えることができないために、膝頭を蹴られると皿が割れてしまうこともありますし、横から攻撃をされると靭帯が損傷してしまいます。
膝の靭帯には内側側副靭帯と外側側副靭帯、前十字靭帯や後十字靭帯などがあります。
さまざまな靭帯でひざの関節を支えていますので、うまく攻撃をして損傷をしてしまうと歩くことさえできないこともあります。


人間には様々な弱点がありますので、どんなに屈強な男でも弱いところが必ずあるということです。
よほど防護服やプロテクターをしていない限り弱点はさらしているために、攻撃を加えることが可能となります。
女性の場合には躊躇なく思いっきり攻撃をして、相手がひるんだ隙にまず逃げることです。
逃げて助けを求めたり警察に通報することによって、トラブルから逃げることができます。
相手を倒すという意識になってしまわないように、安全なところへ逃げるように意識をすることで助かることができます。
防犯ということでは護身術のほかにもブザーを持っていたり、周りにわかるような音を鳴らすことで相手が逃げていきます。
危険がないようにすることが最善ですから、相手が逃げていくのを負わないようにすることです。
興奮しているとついつい相手を追って倒してしまおうという人もいますが、すぐに周りの人に伝えるなり助けを呼ぶことが最善です。

次の記事へ

TOPへ