ためになる!東京の護身術教室まるわかりガイド

TOP > 東京の護身術の教室情報 > 東京の護身術の教室は凶器の対策もしています

東京の護身術の教室は凶器の対策もしています

道を歩いていたら急に誰かに襲われる危険性があります。
女性であれば夜間の外出時にトラブルに巻き込まれる可能性があるので注意をしましょう。
東京にある護身術を学べる教室では、素手の暴力だけではなく、ナイフや拳銃などの凶器を使った暴力にも対応しているということもあって、本格的なトレーニングを受けると、身の安全を確保することができます。
トレーニングをするときは、必ずインストラクターが付いて指導をします。
インストラクターは世界でもトップレベルの護身術を習得しているので、テロなどといった状況に遭遇しても安全性を維持することができます。
トレーニングをするときは、怪我をしないためにストレッチから始めます。
少しずつ慣れてきたら、エクササイズや基礎体力を作り上げていくので、バランス感覚を身に付けることができます。


トレーニングを持続していると、人間だけではなく、トカゲやサソリからの攻撃も事前に防ぐことが可能です。
ステップの練習をするときは、敵の襲撃をかわして有利なポジションを取る足さばきを身に付けるので、動きが俊敏になります。
受け身では、横や前だけではなく、後方の動きも察知する能力を学ぶので、時間が経過しても集中力を維持することができます。
素手の暴力を阻止するトレーニングは、敵のパンチやヘッドロックを制圧します。
様々な技術を学ぶことができるので、強い身体づくりに貢献できますし、男性であれば筋肉も付いて身体が更に大きくなります。
ナイフディスアームではナイフや包丁といった刃物で襲ってくる敵を徹底的に制圧して無力化にします。
トレーニングをするときは、動画を参考にしながら動き方を習得するので、正しいスタイルを維持しましょう。


スティックファイトは素手ではなく、棒を使い分けながら自分自身に合った戦闘法や防衛法を学びます。
その他にも複数の敵をかわせるように戦うのではなく、戦いに負けないための生存法を習得することができます。
料金は男性と女性で異なって、入会金がかかります。
社会人だけではなく、学生でも通い続けることができるので、自分自身に合ったコースを選べば、体力が付きます。
入会の条件は無く、武道や格闘技の経験がなくても、すぐに入会してトレーナーから指導を受けることができます。
出席も自由で早退や遅刻をしてもストレッチができます。
しかし、練習場所は決められているので、地図で場所を確認しましょう。
友人や知人と一緒に受ければ安心して色々な技法を習得できますし、不安になることはありません。

次の記事へ

TOPへ