ためになる!東京の護身術教室まるわかりガイド

TOP > 東京の護身術の教室情報 > 東京の護身術の教室で身を守る力を身に着けよう

東京の護身術の教室で身を守る力を身に着けよう

犯罪の発生率は少しずつ下がっているものの、現在身のまわりで完全に安全なところはありません。
むしろ、いきなり犯罪に巻き込まれる確率は高まっていて、それを防ぐには自分が強くなるしかないのが現状です。
大都市ではひったくりや暴行など、突発的な形で犯罪に巻き込まれる場合があります。
東京でも日夜問わず犯罪が発生しており、サラリーマン、主婦、学生など老若男女を問わず巻き込まれています。
ただ黙って犯罪に巻き込まれるのではたまりませんから、人によっては身を守るべく護身術の教室に通うことも考えます。
身を守るための武術などは、空手道場や柔道の道場で教えてくれる物です。
自分から攻撃をしかけるタイプの格闘技もあれば、相手の攻撃をいなして投げ飛ばすようなスタイルもあります。
どれが向いているかは習う人次第です。


空手などは漫画の影響もあり、一撃必殺の魅力があって大勢の人が手ほどきを受けています。
ただ、身を守るのに特化しているわけではなく、非力な女性や子供にも使える技は少ないので敷居は高いです。
それに比べ、合気道や専門の身を守る技を教えてくれる道場では、自分からは決してしかけることなく、相手の攻撃をかわしたり受け流して投げる、極める、抑え込むなどの技が教われます。
東京の護身術の教室では、かなりの数の受講生が日夜武術を教わっていますが、その内容は攻撃的な物ではありません。
相手が棒やナイフを持って襲いかかってきた時にどういなすかなど、あくまで防御のための訓練です。
自分が相手を制圧できる力を持っていても、それを使って相手にけがをさせてしまえば過剰防衛になってしまうので、それを避けるため防御に徹しています。


身を守るためとはいえ、相手をたたいたり関節を極めたりする暴力はなるべくふるいたくないと考える人は多いでしょう。
しかし、理由もなく暴力沙汰に巻き込まれた時、自分が攻撃を受けないようにするためには、それなりの技術が必要です。
東京の護身術の教室で教えてくれるテクニックは、まず自分の安全を確保する物がほとんどです。
相手の攻撃をかわし、距離をとり、すきあらば逃げるのが一般的な教えなので、相手と戦い、倒すのは最終的な手段にすぎません。
これは、戦いが目的ではなく、あくまで自分の身を守るのが基本だからです。
いくら相手が凶暴でどうしようもない人でも、必要以上に痛めつけてはいけないので、自分が達人級の実力を持っていてもそれを誇示せず、あくまでいなすくらいにとどめておくのが無難です。

次の記事へ

TOPへ