ためになる!東京の護身術教室まるわかりガイド

TOP > 東京の護身術の教室情報 > 意外と頭突きなども有効な護身術です

意外と頭突きなども有効な護身術です

人口密集地では様々な人間模様がありそれがひとつの楽しみでもありますが、実際にはトラブルの原因となっていることも少なくありません。
東京でもトラブルなどがあるとすぐに警察に駆け込むことができるかというと、それほど身近にはない場合もあります。
そうなってくると一番いいのは、自分のみは自分で守るという意識になり、特に女性であれば力が弱いことから狙われやすいのもあるので、護身術を習うことも必要となります。
東京でも護身術の教室などがたくさんありますので、基本を習っていくことで自分を守るための意識が芽生えて生きます。
相手をひるませることが護身に繋がりますので、急に襲われた場合にやられっぱなしではなく素早く対処することをします。
何よりもすぐに対応することが、相手にとって脅威だと思わせることです。


まず間違ってしまうのは相手を殴るときに、手のひらをグーにして殴ってしまうことです。
確かにグーにしたほう外力があって相手にも聞きそうなので、ついつい握りこぶしを作ってしまいますが、実際には指を怪我させてしまう可能性があります。
グーにして相手の顔面を殴ると、骨の硬い部分に当たることによって自分の指が怪我してしまいます。
相手を殴っているのに自分が痛めてしまっては本末転倒になり、自分のほうがダメージが大きくなることも少なくありません。
そうならないように護身術では、相手を殴る場合に手のひらをパーにして叩くというのを教えています。
グーではなくパーにすることで指に対するダメージがなくなりますし、また目を狙っていくことで目潰しができます。
目潰しができると、相手は見えなくなるためにすぐに逃げることができますし助けを呼ぶことも可能です。


そして女性の場合でも武器になるのは、実は腕や足よりも頭になります。
頭は諸刃の剣といわれますが頑丈な部位でもありますので、相手の顔面めがけて頭突きをすることでかなりのダメージを負わせることができます。
花などに当たった場合には女性の力といっても、鼻がつぶれてしまいますし鼻血が出てくるために相手を倒すことも可能です。
もし失敗しても胸に命中すると、その勢いで相手は倒れますので、意外と威力があるのが頭突きといえます。
胸を狙った場合には胸骨を骨折させるくらいの威力もありますので、顎を習ったりすることも効果的です。
一度相手に攻撃を当てることができると、相手が起こって反撃に出るのではないかと考える人もいますが、これはほとんどの場合相手は逃げていきます。
思わぬ不覚を取ったということもありますがダメージがでかいために、反撃できないで逃げることしかできなくなります。

次の記事へ

TOPへ