ためになる!東京の護身術教室まるわかりガイド

TOP > 東京の護身術の教室情報 > 安全な暮らしに役立つ護身術を学ぶための教室選び

安全な暮らしに役立つ護身術を学ぶための教室選び

護身術は第三者による危害から自身の身を守るために行う体術を指す俗称です。
柔道や空手などの格闘技を指すのが一般的ですが、護身術は相手を倒すのではなく、あくまで自分の身を守るのが目的です。
そのため、一時的に相手を怯ませ、自分がその場から逃げるための時間を稼ぐことを前提としているのが一般的な格闘技との大きな相違点になります。
護身術は専門の教室で学ぶことが出来ますが、それぞれの教室ごとに学ぶことが出来る体術の内容が異なるので事前に詳細を確認することが大切です。
また、護身術の中には催涙スプレーやフラッシュライトなどの道具を併用するものもあるので体力が少ない人でも学ぶことが出来ます。
その一方で護身用の道具類は種類によっては凶器と見做されてしまう可能性もあることから、法律を遵守している護身術を教える教室を選ぶのがトラブル回避に繋がります。


護身術の教室は人口が多い都市部に集中する傾向があります。
生徒数が多い他、人口が多い地域ほど窃盗や暴行などの犯罪の発生率が高いのが理由の一つです。
日本では最も人口が多い東京に護身術の教室が数多く存在するため、生活サイクルや予算などの条件に合致する所を選びやすい利点があります。
教室の選び方は授業料や立地だけではなく、講師の腕前にも注意することが大切です。
格闘技の経験者や護身術を専門に学んだ講師の下で学ぶのが安全に護身術を会得する近道です。
自分の身を守るための行動であっても、誤って相手に怪我を負わせてしまうと自分が暴行犯になってしまいます。
無用なトラブルを避けるためにはあくまで相手を怯ませ、自分が安全にその場から離脱出来る方法を教える教室を選ぶことが大切です。


護身術を学ぶことで不測の事態に陥っても適切な対処が出来るようになりますが、うかつな行動は過剰防衛と見做され、逆に自分が法的に不利な状況になる可能性があります。
窃盗や暴行などのトラブルに巻き込まれないことが最も重要な安全管理の条件なので、危険な所には近づかないのが賢明です。
また、襲ってきた相手によっては中途半端な抵抗に対して逆上する可能性もあることから、立ち向かうのではなくその場から逃げることを第一に考えて行動します。
特に夜間の外出などトラブルが生じやすい行動は控えるのが安全に暮らすための条件です。
自室など屋内に居る場合であっても抵抗ではなく、その場からの離脱を優先します。
トラブルが起きたことを周囲に知らせる効果がある防犯ブザーは常に持ち歩き、犯罪の発生を未然に防ぐことを心がけます。

次の記事へ

TOPへ